せどりはローリスクと言われる理由

 

せどりは、リスクが比較的低いと言われています。大量に仕入れる訳ではありませんし、とりあえず安価な商品で試してみる事もできます。まずは数百円や数千円ぐらいの商品で、見極めてみると良いでしょう。それが可能なのは、せどりの魅力の1つです。

リスクは伴う商売

商売は、リスクを伴ってしまうケースも多々あります。街で見かける実店舗にも、実はリスクはあるのです。
実店舗はどうやって利益を得ているかというと、もちろん安く買って高く売ることです。1,000円ぐらいの商品を仕入れて4,000円ぐらいで売却できれば、差し引き3,000円ぐらいの利益が生じるでしょう。実際には色々なコストが発生しますから、必ずしも3,000円になるとは限りません。しかし買った値段よりは高く売れば、お金を稼ぐ事はできます。
せどりも、それと同じ仕組みになっている訳です。オークションなどで安く買って、何らかの方法で高く売却する事になります。
ところで物を売っていると、赤字になってしまうケースもあるのです。仕入れた物が売れれば良いですが、なかなか売れないケースも実際あります。売れ残ってしまえば、それこそ赤字になってしまうでしょう。それが商売のリスクなのです。
しかもお店では、比較的大きな金額で仕入れている傾向があります。売上数字の問題もありますし、比較的大量の商品を仕入れているケースが多いです。

少額で仕入れられるのでリスクが低いせどり

ところで、せどりにもリスクは一応あります。確かに仕入れた商品を売る事ができれば、利益は発生するのです。ですが、もちろん確実に売れる保証はありません。何らかの理由によって、売れ残ってしまう可能性はあるでしょう。それで赤字になる可能性があるのは、実店舗経営とほぼ同じです。
ですが、せどりには1つ大きなメリットがあります。仕入れコストはかなり低くなるからです。
せどりの場合は、あまり大量に商品を仕入れる訳ではありません。とりあえず800円や1,500円程度の商品を仕入れて、高く売れるかどうか試してみることができます。たとえ売れ残ってしまっても、1,000円程度の赤字に抑えられる訳です。
実店舗の場合は、赤字額がそこまで低めになる訳ではありません。比較的多くの商品を仕入れる訳ですから、仕入れ額もそこそこ大きくなる傾向があります。ですから実店舗を経営するのは、やや大きなリスクを伴ってしまう訳です。
その点せどりの場合は、上述のような赤字額に限定されます。せどりには、比較的低いリスクで試せるメリットがある訳です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。