せどりで稼ぐポイントとサービスの利用人数

 

せどりは、仕入れた商品を何らかの方法で売っていく必要があります。その売る方法も複数ありますが、それぞれ利用人数も異なります。基本的には、利用者の人数が多いサービスを活用してみると良いでしょう。売れなければ、肝心の利益が発生しないからです。

安く買ってオークションなどで高く売る

せどりの流れですが、まずは商品を安く仕入れます。仕入れる方法も色々ありますが、バーゲンセールやキャンペーンなどのタイミングを見計らって、商品を買っている方も多いです。
そして仕入れた後には、何らかの形で商品を売らなければなりません。WEBオークションも、その1つです。
オークションは、比較的お金を稼ぎやすいと言われています。何しろ競売形式になりますから、相手によってはかなり高い価格で落札してくれる可能性もあるからです。時には定価を超える価格で落札される事もあります。
もしも3,000円で仕入れた商品が8,000円で売れれば、差し引き5,000円分の利益にはなるでしょう。実際には色々手数料は差し引かれるものの、結局は利益になります。

どの方法で売ると良いか

ところで商品を売る方法は、何もオークションだけではありません。最近では、フリマアプリも活用される事があります。そうかと思えば、倉庫サービスなどで売られる事もあるのです。
沢山の方法があるので、具体的にどの手段で商品を売れば良いのか、迷ってしまう方も少なくありません。基本的には、サービス利用者の人数に注目してみる方が良いでしょう。利用者人数が比較的多いサービスなら、売れる確率も高まると見込まれるからです。

利用者が多いサービスで商品を売る

そもそもサービス内容によっては、利用者の人数があまり多くない事があります。例えばあるサービスの場合は、人数は数千人程度だとします。その場合、たとえ自分が商品を出品してみても、数千人ぐらいしか見てくれない可能性があるでしょう。
その点上述のWEBのオークションなどは、かなり多くの方が見てくれる傾向があります。WEBオークションの場合は、利用者人数は極めて多いです。それこそ万単位の方々が利用していますから、自分が出品した商品の閲覧者の人数も多くなるので、売れる確率も高まるでしょう。ですから、WEBのオークションなどは悪くありません。ちなみに上記でも少し触れた倉庫サービスも、利用者の人数は比較的多いです。
商品が売れなければ、肝心の利益も発生しません。確実にせどりで稼ぐ為にも、サービス利用者の人数に注目してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。